本藍スクリーン染め

SOU SOU × 藤田染苑

COLLABORATION

藍の濃淡で表現したテキスタイル

藍の濃淡で表現したテキスタイル

KYOTO AINASEN
本藍手捺染

江戸時代より藍を身に着けて慣れ親しんできた日本人。明治初期にはジャパン・ブルーとも呼ばれ、藍色は日本を代表する色になりました。藍特有の濃淡で表現されたSOU・SOUのテキスタイルデザインは涼し気でこれからの季節にもぴったり。藍捺染ならではの繊細な色彩表現をお楽しみください。

藤田染苑のものづくり

CRAFTMANSHIP

藍染めの可能性を追求し
モダンでサスティナブルなモノづくりを目指します。